私の人生のバイブレーションを変えてくれました!と遮光器土偶・番外編「人型爬虫類レプティリアン」

私の人生のバイブレーションを変えてくれました!と遮光器土偶・番外編「人型爬虫類レプティリアン」

いつもありがとうございます。
日野です。

今日の午前中はリアルオーガニッククラブで、テイコク製薬社(株)の唄野さんにお越しいただいて、骨盤を整える方法などについて、エクササイズを交えながらお伝えいただきました。

パーソナルトレーナーとしても活躍されてきて、なおかつ、管理栄養士でもあるので、食と身体の両面からいろいろと教えていただけます。

来週の22日(金)14時から、Zoomオーガニッククラブで唄野さんにお話いただきますので、ぜひ楽しみにしていてください。

今日の編集後記で募集させていただきます。

物を最高の物にカスタマイズできる最高のツール

「DiODiAカード」については、もはや僕自信の一部として肌身離さず持っていますが、昨年、発売されたDiODiAシールminiは、小さいながらパワーはカードに劣らないもので、数霊REIWAにも貼ったり、パソコンに貼ったりと、物を最高の物にカスタマイズできる最高のツールだと感じています。

DiODiAシールをそのようにしてももちろんかまいませんが、DiODiAシールminiは、手にするとわかりますが、非常に小さいので、小スペースがあれば貼れるというのが良いと感じます。

私の人生のバイブレーションを変えてくれました!

そのDiODiAですが、2019年から、DiODiAをを海外で広めておられる藤澤様が、海外のお客様の体験談を送っていただきました。

藤澤さまとのご縁は、2019年の3月頃に、僕のYou Tubeを見ていただき、DiODiAに興味をもっていただいたのがきっかけでした。

そして海外ですが、送っていただけませんかとご注文をいただきました。

その後、使われて以下のような体感を立て続けにいただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早速使っています。
自分ではまだ実感はありませんが、植物の勢いが凄まじいものがあります。

植物でこれですから人間にも相当な効果があると思います。
また何かご報告できるような効果がありましたらメールいたしますね!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日野さま

お世話になっております。

毎日DIODIA使ってます!
洗面所の蛇口にあてたところ、歯磨き後のゆすぎ水がまろやかになっていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、藤澤さまがご自身で体感を得て、海外でもこのDiODiAを広げたいという思いをもって動かれました。

初めてインターネットでサイトを立ち上げて、がんばってショップやHPを作成し、販売をされて、今、海外でもDiODiAが広まっていっています。

元々、開発者のDIANAさんは、全世界にこのDiODiAを広めたいという思いを持っておられたので、その思いに共鳴するように、広げてくださる藤澤様が現れました。

あれから、1年半以上がたちました。

今回、海外での体験談をいくつか教えていただき、メルマガの方にも伝えてください、という有り難いお言葉をいただきましたので、シェアさせていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
海外のお客さまの体験談をシェアーさせて頂きますね。

●「DiODiAカード大好きです!私はハンドペイントのジュエリーを作って販売しているのですが、そのジュエリーをDiODiAでタッチしたら売上が上がりました!」

●「カードを握ってすぐにエネルギーが腕から上がって行くのが分かりました。娘の骨折した指にカードを当てていたら翌日その指を曲げる事が出来ました!」

●「カードを一週間ぐらい使っているのですが良い結果を楽しんでいます。カードを枕の下に置いて心地良い眠りを体験しています。喉の痛みがあったのですが、カードで首を何回かタッチすると数時間後には痛みが無くなっていました。」

●「DiODiAカード、本当に大好き!私の人生のバイブレーション(波動)を変えてくれました。毎日カードを体に当てて寝るのですが、今は全く鬱っぽくないです!」

●「このカード大好きです!食べ物や飲み物以外に、毎日2回体全体に使っています。まるでエネルギーのマッサージを受けているようです。」

●「昨日この素晴らしDiODiAカードが届きました!まだ24時間位ぐらいですが、すでにパワーの振動周波数が私のマトリックスに波を作っているようです。」

●「DiODiAは色々な事に使えて、とても価値があり、電池も必要なし!今では私の必需品です。私の84歳の母と81歳の友人にもプレゼントしたのですが、とても喜んで使っていますよ、簡単に使えますからね。私は食べ物、水、痛みに使っています。DiODiAを作ってくれた方に感謝しています。」

●「生理痛があったのですが、樟脳オイルをお腹に塗ってカードを当てていたら痛みが無くなりました。奇跡的でした!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ということで、海外においてもDiODiAが広がっていっていることに嬉しく思います。

海外で販売されている藤澤さんのサイトが以下になります。

海外DiODiA販売ページ
https://portfolio11.com/

このメルマガを読んでいる方ご自身が海外に住んでいるとか、あるいは、お友達が海外に住んでいるといったことがありましたら、ぜひ上記の藤澤さまのショップサイト教えてあげてください。

本当に信頼出来る方ですので、安心してお買い物していただければと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
海外DiODiA販売ページ
https://portfolio11.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

遮光器土偶・番外編「人型爬虫類レプティリアン」

ここからは遮光器土偶・番外編となり、マニアックな話になりますので・・・(汗)、興味がない方はスルーしていただければと思います。

前回、金星人とコンタクトしたという、ジョージ・アダムスキーについて触れてみました。

アメリカは本気でUFO対策を考えています。

UFOがいるとか、いないといったレベルではなく、国家の機密事項として本気で取り組んでいます。

その真相を隠すために、わざとUFOや宇宙人に対しての偽情報をリークしたりして混乱をさせます。

アダムスキーに対しても、ドイルの親衛隊将軍であったカムラーを使って、だましていきます。

結果、アダムスキーには多くの信奉者がつき、教団が拡大していったという意味では、アメリカの思惑にはまったと言えるのかもしれません。

「クラリオン星人」

アダムスキーがコンタクトした宇宙人は金星からきたと言っていましたが、同じ金星から来た異星人ということで「クラリオン星人」という存在もいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
超次元スターピープルの叡智 クラリオンからの伝言 (超知ライブラリー 42)
マオリッツオ カヴァーロ(著),浅川嘉富(著)
https://00m.in/eMFtL
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このクラリオン星人と接触したという、マオリッツオ カヴァーロのプロフィールをみてみます。

http://ufodaigaku.web.fc2.com/newpage1.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イタリアのカラブリア州クロトーネに生まれる。宇宙画家 ETIコンタクティー。
ローマ大学総合学部教官 クラリオン哲学研究センター創始者 
クラリオン異星人との交流体験を7歳から体験し、一時記憶が途絶えたが1981. 9/12–13に強烈なAbduction体験をし、そこで前世での体験までも見せられ地球の未来を知り、大変な諸問題があることを知りました。  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この金星から来たというクラリオン星人は、どのような特徴があるのか、またクラリオン星人が述べる歴史とは、どんなものなのか記されています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
クラリオン星人は地球から15万光年以上離れた、第三銀河系ワシ座から飛来し、彼らの寿命は 1500~2300歳です。

彼らは単独種族で飛来しておらず、現在飛来しているETIの全ての種族と、銀河系同盟を結成し、数億年前に地球に飛来し、地球に植民地を建設するための労働力として、爬虫類に銀河系同盟の種族のDNAを遺伝子操作し移植して、地球人類を創始したと教えられました。

人類の先祖は、飛来した全ETI種族の遺伝子と、地球上の爬虫類の遺伝子を操作、受精して発生し 成長・進化した結果、現在の地球文明が 形成されたとし、ETIが地球人類の先祖であるとしました。

しかし残念なことに、地球人類はこれまで何度も エゴと欲望の限りをつくして、地球の生態系を根底から破壊し、そのたびにETIは介入しリセットし救済してきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

要は、人類の祖先は、宇宙人の遺伝子と爬虫類の遺伝子を操作したものだといいます。

人類の祖先は宇宙人であるというのは、他の宇宙人と称する人たちによっても、いくつか言われています。

もうお分かりのように、冷静に考えてこれらの説はあり得ないことが分かります。

しかも、クラリオン星人の写真自体が、実際の女優さんの画像などを加工したものであることが判明しています。

アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜:地球内部でアガルタを形成?、クラリオン星人??
 地球空洞説と地底人、アガルタを調べてみて、どうしても避けては通れないちょっとした話題があり、少しだけ触れます、イタリアのマオリッツオ・カヴァーロ氏、1981年に初めて、内部地球の王国アガルタに文明を形成するクラリオン星人とコンタクトを取り、実際に地球内部の世界を訪れたとして、数々の本を出版しています。私もつい買ってし...

レプティリアンについて

その他、プレアデスから来たと称する宇宙人とコンタクトした、ビリー・マイヤーという人物もいます。

彼の撮影したUFOもトリックでした。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC

また、アメリカ政府は異星人(グレイ)と密約をしているという偽文書が出回ったり、また、グレイという宇宙人がスタンダードとなった後に、よりヒューマノイド系に近い「人型爬虫類レプティリアン」も宇宙人問題には登場します。

レプティリアンについてこのように言われています。

https://ameblo.jp/zsunsun55z/entry-12589207269.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
レプティリアンと人間

アヌンナキは、初めに爬虫類とアヌンナキの遺伝子を掛け合わせて、レプティリアン(ヒト型爬虫類)を作りました。

その特徴は、非常に知能は高く狡猾・攻撃的であったと言います。

次に、アヌンナキは、猿とアヌンナキの遺伝子を掛け合わせ人間を作りました。

こちらは従順で良く働く知的生物として重宝されました。

しかし、人間はレプティリアンの監視の元働かされ、その子供は、獰猛なレプティリアン(ヒト型爬虫類)に補食されていたという悲しい歴史があります。

人間は労働を強いられ、挙句の果てに食べられていたのです。

悪魔が支配する地球

問題は、爬虫類人(レプティリアン)の残忍な行いです。

レプティリアンは、人間とレプティリアンのハイブリット種を作り出し、長い年月をかけてその血統を、世界の国々のTOPに送り込んできました。

その結果、残忍な爬虫類の気質を色濃く受け継いでいる、イルミナティ血族らが世界を征服し、人間をゲームのように操り、核戦争を引き起こすまでになりました。

近年の世界史に残る戦争は、レプテリアンの末裔や、悪魔に魂を売ったイルミナティによる策略であることがわかっています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さらに果ては、歴代天皇は爬虫類星人!?というトンデモ説まで飛び出します。

常識的に考えればあり得ないという話が、堂々と書籍になっていたりしますので、本当にどんな情報を選ぶのかが重要と感じます。

これらの説は真実を歪め、ミスリードするものですので注意してください。

真実と思わしき情報も少し入れてくるのが特徴です。

悪霊に憑依されている可能性

あえてこのように掲載して寄り道をしましたが、これらの説には何ひとつ確たる証拠はありません。

これらの説を広めている人はよほどの確信犯か、精神疾患や虚言、妄想癖があるか、もしくは悪霊に憑依されている可能性があります。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

日野

コメント

タイトルとURLをコピーしました