今後爆発的に増えていく「認知症」と「君の名は。」妄想談義・特別編「八岐大蛇の正体」

今後爆発的に増えていく「認知症」と「君の名は。」妄想談義・特別編「八岐大蛇の正体」

いつもありがとうございます。
日野です。

2日前は、Zoomオーガニッククラブを開催させていただきましたが、今日は、リアルなオーガニッククラブを店で開催させていただきました。

日本ケフィアの中島さんにきていただき、フェラル酸について認知症についての、お話をいただきました。

はっきり言って僕も危ないかもしれません・・・。(;’∀’)

というのも、店の台所に、赤と緑のスポンジがあって、色によって食器用とシンク用のスポンジがあり、家の台所にも同じように赤と緑のスポンジがあるのですが、なぜか、家と店の用途が逆なのです。

妻はわざとそうしたのかは分かりませんが、家と店が逆なので僕は全く覚えられずに、いつも毎回、店と家で食器を洗う時に色どっちだっけ・・・?と、その都度、聞いています。

考えてみれば、こんなことも覚えられず、やばいのではないか・・・と、ふと今日の話を聞いて思いました。汗

今後爆発的に増えていく「認知症」

ともかく、認知症は予備軍を含めると、現在、約900万人と言われています。

これが2025年になると、約1300万人になると言われています。

認知症については、アルツハイマー型認知症と、脳血管性認知症、レビー小体型認知症の、3つがあるとされ、一番多いのが、アルツハイマー型認知症と言われています。

最近は、若年性認知症も言われていますので、40代くらいから意識していく必要があり、正直、僕自身も他人ごとではない・・・と改めて感じました。

アルツハイマー型認知症

ちょうど昨日の夜に、「主治医が見つかる診療所」という番組があり、そこで蛭子能収さんのことが
取り上げられていたといいます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3b806cb81bcf465d50112cede65e483cd4160740
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
漫画家でタレントの蛭子能収(72)が、レビー小体病とアルツハイマーの合併症を患っていることが9日、分かった。

同日放送のテレビ東京系医療バラエティー番組「主治医が見つかる診療所」(木曜、後7・58)で明らかにされた。

記憶力低下を心配した蛭子の妻とマネジャーが同番組に相談し、認知症治療の専門病院で検査を実施。

簡単な計算ができず、物忘れや幻視などの症状から合併症と診断された。

レビー小体病とは、アルツハイマー型に次いで多い認知症の一つで、脳血管性認知症と合わせて“三大認知症”と呼ばれている。

脳の神経細胞にできたタンパク質の塊が神経細胞を傷つけ、認知症につながってしまう。

すでに認知症が始まっているという現実を突きつけられるも、医師からはレビー小体病に効く薬で、無理ない範囲で仕事をしても問題ないと説明を受けた。

今後について蛭子は「できなくなったらしょうがないけど、できる間はずっと続けていきたい」と現役を誓っていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは決して他人ごとではないと思います。

アルツハイマー型認知症は脳にゴミが溜まっていくことで、脳が委縮して起こってくるといいます。

その萎縮をとめることは薬ではできないといいます。

そこで注目されている成分のひとつが、米ぬかから精製された「フェルラ酸」というポリフェノールの一種です。

フェルラ酸についてはまたお伝えしたいと思います。

「君の名は。」妄想談義・特別編「八岐大蛇の正体」

ここからは、「コロナ」=「君」から「君の名は。」の妄想談義ですので、興味がない場合はスルーしてください。

前回は、草薙剣の正体について見ました。

終戦間際、勅令によってルーズベルト大統領の呪詛が秘密裏に行われていた・・・。

しかし、日本は呪詛をすることによっても戦争に勝つことは叶わず、結局、大きな敗戦で終わります。

呪詛は本来、決してすべきものではありません。

人を呪わば穴二つというように、結局は自身に災いが振りかかってしまいます・・・。

前回みたように「草薙剣」は、金のムクでできた七支刀のような形状であったこと、さらに草薙剣が唸り声のような咆哮をあげ、西の方角に向けて蛇のように動き出した・・・ということなどから、草薙剣は「剣」などではなく、木でつくられた古代イスラエルの三種の神器のひとつ、「アロンの杖」であった可能性があります。

というか、僕の中ではもう確信レベルではあるのですが・・・。

いずれにしても、この草薙剣=アロンの杖は岐大蛇を退治した時に、八岐大蛇の尾から出てきたと日本神話にはあります。

一体、この八岐大蛇の正体は何か・・・ということですが、これは飛鳥昭雄さんがおっしゃっていて
なるほど・・・!!と思ったひとつの答えがあります。

八岐大蛇の正体は「契約の聖櫃アーク」

その八岐大蛇の正体は何か・・・?

結論から先にいえば、「契約の聖櫃アーク」・・・!!となります。

一見、八岐大蛇=契約の聖櫃アークというのは結びつかないかもしれませんが、古代イスラエルにルーツをもつ民は、「象徴」を駆使して神話などもつくりあげていますし、そもそも、象徴を駆使して古代イスラエルの三種の神器を、日本の三種の神器に組み替えています。

その契約の聖櫃アーク(=八岐大蛇)から零れ落ちたのが「草薙剣」というわけです。

八岐大蛇の尾(契約の聖櫃アーク)から草薙剣が出てくるのもシンクロしています。

「八岐」と「八つの俣(又)」

ではなぜ、八岐大蛇が契約の聖櫃アークなのか・・・!?ということですが、八岐大蛇の「八岐」は「八つの俣(又)」を意味します。

契約の聖櫃アークは、「箱」です。

箱は、角が「八つ」あるのが分かるでしょうか。

箱の四隅は、全部で「八つ」の角があり、その角は「三叉」になっています。

つまり、これが「八つの岐(八つの三叉の又)」であり、「八岐大蛇」になります・・・!!

また、草薙剣自体が、アロンの杖ですからアロンの杖は蛇に変化をしていますので、「草薙剣」=「アロンの杖」=「蛇」とみることで、「契約の聖櫃アーク」=「八岐大蛇」「草薙剣」=「アロンの杖」=「蛇」となり、八岐大蛇が「契約の聖櫃アーク」と「草薙剣」を象徴的に示している・・・!!とも言えます。

このようにいたるところに象徴を込めて、真の姿を覆い隠しながら、しかし実は堂々と見せているのが、日本という国の恐ろしいところです。

伊勢三宮と賀茂神社の三宮

いずれにしても、三種の神器は、草薙剣が、熱田神宮から伊雑宮へと移されることによって、最終的には伊勢三宮に集結します。

しかし、表の伊勢三宮が並び立つ前に、裏の賀茂神社の三宮が動き出します。

物事はすべて、見えない「裏」から動き出して「表」に動きが見えてきます。

僕たちの現実も、見える現実は「結果」で見えない領域は「原因」ですから、すべて見えない領域から引き起こされているのです。

ですから、伊勢三宮の前に、裏の下上賀茂神社と、第三の賀茂神社である「河合神社」の、三つの賀茂神社が並び立つ時がきます。

裏 3つの賀茂神社が並び立つ

表 3つの伊勢神宮が並び立つ

その天空のしるしが、ベテルギウスの超新星爆発だと指摘されています。

冬の大三角は、絶対三神や三種の神器を象徴していて、生命の樹も象徴します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●シリウス=御父=草薙剣=アロンの杖=伊雑宮

●ベテルギウス=御子=八咫鏡=十戒の石板=伊勢神宮内宮

●プロキオン=聖霊=八尺瓊勾玉=マナの壺=伊勢神宮外宮
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これと同時に、オリオン座の三ツ星も、絶対三神を象徴しています。

さらにいえば、伊勢三宮の位置ともシンクロしてきます。

これもまた、偶然ではないということになり、日本という国の奥深さと恐ろしさを感じます。

以前も何度か触れましたが、次回、そのことについて見ていきたいと思います。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

日野

コメント

タイトルとURLをコピーしました