マグネシウムの「経皮」療法と「君の名は。」妄想談義・特別編「冬の大三角の神々」

マグネシウムの「経皮」療法と「君の名は。」妄想談義・特別編「冬の大三角の神々」

いつもありがとうございます。
日野です。

今日は予告していたように、日曜日の配信となってしまいましたが、まずは、鹿児島県や熊本県において、球磨川の氾濫などによる甚大な被害が出てしまったことに、心からお悔やみ申し上げます。

まだまだ油断できない状況が続いていますが、被害が最小限となることを心から願っています。

歯みがきジェル「さわやかリーモ」の素晴らしさ

土曜日は久しぶりに、熊本物産屋の会議があり、福本社長や、株式会社水の子の上村会長、また同志の方々とお会いできました。

やはりこうして実際に顔を合わせて、お話を聞いたりすることの大切さを改めて感じました。

新大阪まで行ってきましたが、やはりマスクをしている人がほとんどで、帰りは4人掛けの椅子に座るときにみなマスクをしているので、周りの人の目が気になって、僕もマスクを取り出してしていました。

マスクをしないことが何か非常に気まずい感じがして、違和感を感じながらもしていました。

それはいいとして、会議は、大人気の天然素材だけでつくった、歯みがきジェル「さわやかリーモ」を作っていただいている、鹿児島の会社の工藤社長にも来ていただき、実際にお話をお聞きしました。

上村会長の熱い思いによって、工藤社長との共同作業は約7年がかりという、大変な時間をかけて出来上がりました。

苦労してできた経緯をお聞きして改めて、この商品のすばらしさを知ることができました。

またお伝えできればと思いますが、こういった凄いアイテムを、何気なく扱わせていただいていることが、本当に感謝しかないということを改めて感じました。

父親と僕の家族での日帰り旅行

また今日の日曜日は、父親と僕の家族で、京都府宮津市に鎮座する籠神社へと参拝してきました。

父親が一昨年、母親と行っており、その時の御札をお返しするために行くので、一緒に行かないか?ということで、僕自身もご縁のある神社であり、2年前くらいに訪れたきり、行けていなかったので
ぜひ、ということで、父親の新しく替えた車に乗せてもらって行ってきました。

僕は運転しなくて良かったので非常に楽をさせていただきました(‘◇’)ゞ

雨になるという予報だったのですが、幸いにも、天気は晴れ間さえ見えて雨にあうこともなく、日帰りの旅を満喫させていただきました。

またこのことについては簡潔に触れてみたいと思いますが、今回は、籠神社と奥宮の真名井神社だけではなく、少し足を延ばして伊根の舟屋なども、訪れることができ良かったと思います。

マグネシウムの「経皮」療法

山田豊文先生の『超人をつくるアスリート飯』について、マグネシウムについて、前回に続いて経皮的吸収について、少し見てみたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ある知人女性が私の講座を受講しにきた際、手に火傷を負った上に、道で転んでケガをした状態でやってきたことがあります。

ケガから4時間たっても血が止まらず、まさに踏んだり蹴ったりで困り果てた様子でした。

講座のカリキュラムには、ちょうどマグネシウムの皮膚療法に関する、講義が含まれていたこともあり、私は彼女にこの方法を提案したのです。

さっそく彼女が自分で試してみたところ、なんとわずか40分ほどで止血できたほか、火傷の跡もよくなっていました。

翌日も同じように続けた結果、火傷の跡はこの2日間でほぼ完治し、ケガをした箇所も新しい皮膚が再生されて、傷がふさがっていたのです。

一緒に受講してくださっていた医師の方々も一部始終を目撃し、マグネシウムのパワーにとても驚いていました。

思わぬ形で理論と実践が組み合わさった講座になったわけですが、細胞の修復作業を加速・円滑化させるというマグネシウムの効果を、改めて実感する出来事でした。

このように、経口摂取と経費摂取を組み合わせれば、マグネシウムの相乗効果が期待できます。

例えば、ローションとして皮膚にすり込んでマッサージしたり、入浴剤として用いたり、足湯に溶かし入れたりするなど、マグネシウムの経皮療法にはさまざまなやり方があります。

実際に、これまでに私がアドバイスを行ってきた多くのアスリートにも、ことあるごとにマグネシウムの重要性を説明し、食事やサプリメントからの摂取と共に、マグネシウムの経皮療法をすすめてきました。

すると、実践したアスリートたちは「疲れが早くとれた」「脚がつったりけいれんしたりしにくくなった」「ケガをしないようになった」など、効果の体感を口々に報告してくれるのです。

マグネシウムjは口からとるだけでなく皮膚からも摂取できるーー。

アスリートはこうしたノウハウを知っておくことも非常に重要です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このようにマグネシウムの経皮摂取も、非常に有効であることが分かります。

実際に、スプレータイプのニューサイエンスのマグネシウムローションなども、経皮摂取に最適なものと思いますし、お風呂に入れるバスマグも、マグネシウムの塊を入れることによって、水素入りのマグネシウムを経皮摂取するという意味では、非常に良い体感を多くのお客様からいただいています。

ぜひうまく活用していただければと思います。

以前、体験談を掲載させていた書きましたが再掲してみますと・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お風呂上がり、毛穴全部が喜んでる!てな感じなんて言ったらいいんだろう?
体全部が浄化されたような爽快感岩盤浴した後のような、体が軽くなる感じ

最初、お値段高めで躊躇してたんですけど、もっと早く購入すればよかったぁ、と思いました

こんな情勢で、みんな家の中に篭ってストレス溜まっていましたが、バスマグちゃんのお陰で気持ちがさっぱりしますね

いつもありがとうございます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ありがとうございます。

あくまで個々の体験ということで見ていただければと思いますが、マグネシウムを経皮摂取していくということも、意識していくといいかと思います。

僕もバスマグは毎日入れていて、皮膚からのマグネシウム摂取を心がけています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ニュー・サイエンスマグネシウムローション 100ml
https://treeoflife.shop-pro.jp/?pid=122402493
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マグネシウム de 水素浴 バスマグ「BATH MAG」2個入
https://treeoflife.shop-pro.jp/?pid=134680582
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「君の名は。」妄想談義・特別編「冬の大三角の神々」

ここからは、「コロナ」=「君」から「君の名は。」の妄想談義ですので、興味がない場合はスルーしてください。

前回は、以下のようなことをみました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
契約の聖櫃アーク=「四角形(□)」+「三角形「△)」

オリオン座「四角形(□)」+冬の大三角「三角形(△)」=「契約の聖櫃アーク(□+△)」・・・!!

平家星「ベテルギウス」の超新星爆発

=天空のオリオン座(四角形・□)と冬の大三角(三角形・△)を繋ぐ、要の位置(ベテルギウス)が失われる。

=契約の聖櫃アークから「草薙剣」が零れ落ちることを象徴する
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは、飛鳥昭雄さんや三神たけるさんの著書や話を元に、話を展開していますので、大筋は外していないと思いますが、ひとつ言えることは、神の仕組みは一分一厘の狂いもなく進行している・・・!!ということです。

冬の大三角の位置からわかる「からくり」

また、いずれにしても、オリオン座と冬の大三角の、要の位置にある「ベテルギウス」の超新星爆発は偶然ではない・・・!!ということになります。

「冬の大三角」は、以下の星で構成されていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おおいぬ座α星シリウス
オリオン座α星ベテルギウス
こいぬ座α星プロキオン
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この「三」つの星は、結論から言ってしまえば、「絶対三神」を示唆しています・・・!!

シリウス=御父=アメノミナカヌシノカミ
ベテルギウス=御子=タカミムスビノカミ
プロキオン=聖霊=カミムスビノカミ

さらに言えば・・・この絶対三神と「三種の神器」も深く関わっています。

これを表すとこうなります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シリウス=御父=草薙剣=アロンの杖
ベテルギウス=御子=八咫鏡=十戒の石板
プロキオン=聖霊=八尺瓊勾玉=マナの壺
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベテルギウスは、御子であり八咫鏡で、十戒の石板であるとここで示されていますが、今までみてきたことから見れば、ベテルギウスは草薙剣と関りが深いのでは?と思うかもしれません。

しかし、ここからは「妄想」なのですが、冬の大三角の位置をよく見ていただくと、そのからくりが分かってきます。

冬の大三角の位置は、以下のようになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
冬の大三角とオリオン座の画像
http://forever-ex.com/Li1485/717121
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うまく表記できるかわかりませんが、以下のような配置になります。

プロキオンーーーーーベテルギウス
  ー          - 
   -        -
    ー      -
     ー    -
      シリウス

ここで、近い将来、ベテルギウスが超新星爆発を起こし「消滅」します。

すると、どうなるか・・・?

ベテルギウスが消失し、オリオンの右肩が失われ、右手の棍棒=アロンの杖=草薙剣が落ちてきます。

そうすると・・・そうです、シリウス(御父)の位置に、草薙剣が落ちてきて(移動してきて)、シリウス=草薙剣となるのです・・・!!

そして、先ほど見た以下のようになるのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シリウス=御父=草薙剣=アロンの杖
ベテルギウス=御子=八咫鏡=十戒の石板
プロキオン=聖霊=八尺瓊勾玉=マナの壺
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベテルギウスはやがて消滅しますが、これは御子=天照大神=イエス・キリストとなり「消滅」=「死」を意味しています。

しかし、同時に、死の後の「復活」も意味しています・・・!!

「草薙剣」は現在「〇〇〇〇」にある

話を戻しますが、このベテルギウの超新星爆発は、平家の滅亡と草薙剣の消失によって「預言」されていたと言いましたが、ベテルギウスの超新星爆発は同時に「未来預言」にもなっています。

それは、オリオン座の三ツ星もそうなのですが、冬の大三角の三つの星が「伊勢三宮」にも対応しているということです・・・!!

どういうことか?以下のように対応します。

伊勢三宮とは、外宮、内宮、そして第三の宮「伊雑宮」です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●シリウス=御父=草薙剣=アロンの杖=伊雑宮

●ベテルギウス=御子=八咫鏡=十戒の石板=伊勢神宮内宮

●プロキオン=聖霊=八尺瓊勾玉=マナの壺=伊勢神宮外宮
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

伊勢三宮には、三種の神器が対応しており、実は、伊勢神宮外宮には「八尺瓊勾玉」=「マナの壺」が、すでに地下宮に安置されています。

元々、籠神社にあったのですが現在は伊勢神宮外宮に移されています。

そして伊勢神宮内宮の地下宮には「八咫鏡」=「十戒の石板」が安置されています。

では、「草薙剣」はというと、現在「熱田神宮」にある・・・と言われています。

「熱田」の語源

ちょっと待って・・・!?「草薙剣」は、壇ノ浦の戦いで安徳天皇と共に海の藻屑と消えたのではないか・・・?と言われるかもしれません。

確かにそうなのですが、実は、その後、草薙剣は四国の浜に打ち上げられて、現在は熱田神宮に安置されていると言われています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ、あまのむらくものつるぎ、あめのむらぐものつるぎ、あまのむらぐものつるぎ)は、三種の神器の一つ。
草薙剣(くさなぎのつるぎ)、草那藝之大刀(くさなぎのたち)とも言われる。
熱田神宮の神体となっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これについては、また触れたいと思いますが、いずれにしても、現在、熱田神宮に、草薙剣はあります。

そして、伊雑宮=草薙剣という図式からいえば、飛鳥昭雄さんや三神たけるさんが、おっしゃっていることですが、いずれ、熱田神宮にある草薙剣は時が満ちると伊雑宮に移されます・・・!!

ベテルギウス(オリオン)の右肩が失われることで、オリオンが握っていた草薙剣は、シリウス(御父・草薙剣・伊雑宮)の場所へと落ちる・・・、それは草薙剣がベテルギウスから、シリウスの場所へと移される(落ちる)ことを、意味していると考えられます。

「熱田」とは、「熱」という字から分かるように、高温であることを意味しますから、「赤星」のベテルギウスに、偶然にも合致することが分かります。

さらに、「熱田」の語源をみると、これも偶然なのか、こうあります。

https://baba72885.exblog.jp/25426425/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
熱田神宮のある名古屋市熱田(あつた)区の地名由来は、俗説では日本書紀に見える「あゆち」に由来するとか、後世には東海道の「七里の渡し」があったことから、古くからの津渡を示す、あ(接頭語)・つ(津)・と(所)の転などの説があるが、いずれも無理やりこじつけた感がある。                                      
素直に傾斜地や崩壊地を示すアズと、場所を示すト(所)の転と考えるほうが自然だ。
信長の築いた滋賀県の「安土城」も、アズ・チでアズ・トと母交しているのだ。               ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

つまり、「崩壊地」を示す「アズ」と場所を示す「ト」で「アズト」⇒「アツタ」となったといいますから、「熱田(アツタ)」とは「崩壊する地」だというのです・・・!!

これは、ベテルギウスが超新星爆発を起こして(崩壊して)しまうことと重なってきます。

熱田という「崩壊の地」地にある「熱田神宮」に鎮座する「草薙剣」が、ベテルギウスの超新星爆発を起こして「崩壊」して、シリウスの場所へと草薙剣が落ちるように・・・、「熱田」(崩壊する地)(=ベテルギウス)から、草薙剣が、シリウス(伊雑宮)へと、落ちて移されることを意味しているのかもしれません。

つまり、草薙剣はベテルギウスの超新星爆発によって

ベテルギウス(熱田神宮)⇒シリウス(伊雑宮)へと移される・・・!?

そのことが「未来預言」として示されているのかもしれません。

「伊雑宮」が文字通り「本伊勢」となる

つまり、ベテルギウスの超新星爆発は未来預言となっていて、実際にベテルギウスの超新星爆発が起こることが、熱田神宮から伊雑宮への「草薙剣」の移譲を意味し、これによって、伊勢三宮に三種の神器がそろうことを意味します。

その後、御父である「伊雑宮」が文字通り「本伊勢」となって、表に出てくることになります。

ベテルギウスの超新星爆発

草薙剣が伊雑宮へ移譲される

伊雑宮が表に出てきて伊勢三宮が並び立つ

このようにして日本と世界は大きく動きだします・・・!!

つまり「鼓星」と言われるベテルギウスの超新星爆発によって、熱田神宮(ベテルギウス)から伊雑宮(シリウス)へと、三種の神器「草薙剣」が移されるという「預言」に繋がります。

源義経が壇ノ浦の戦いで平家を滅亡させ、その際に、草薙剣が零れ落ちるという演出をしたのも、未来における預言成就のためであったと指摘されています。

俄かには信じられないと思いますが、いずれにしても、天空の星々の動きと世界の動きは、まぎれもなく連動しています・・・!!

非常にマニアックな話題となり、またうまく説明ができず分かりにくかったと思いますが(汗)、最後まで読んでいただきありがとうございます。   

日野

コメント

タイトルとURLをコピーしました